【お知らせ】お問い合わせにつきまして、TwitterのDMが1番対応が早いです。Twitter

【ルアーフィッシング】【初心者さん必見】おすすめロッドとリールについて!

こんにちは!たくぞーです。

初心者の方たちに向けてとりあえずこの装備を買えばルアーフィッシングできるよ!

という装備を紹介していきたいと思います。

この記事を読んでわかることをまとめておきます。

  • 初心者さんにおすすめのロッド
  • 同じくリール
  • おすすめライン

それでは早速いってみましょう。シーバスルアーフィッシング中心です。

目次

おすすめ竿(ロッド)について

結論は、『1万くらいのものを選ぶとよい。』

初心者のうちはそんなものは必要ありませんよね。

初心者おすすめロッド&リールセット!

格安でとてもいいと思いますが、自分はおすすめしたくないです。

例えば1万円でセット買います。ということは

ロッドとリールで5000円ずつですよね?

別々で買ってもいいのであれば別々で購入した方が品質とか見た目も良くなってきます

人によってはそんな真剣にやらねぇし!とかいう人もいるかもしれませんが

できれば別々がいいと思います。

ということでまずは”ロッド”に焦点を当てて話をしていきましょう!

ロッドは何がいいのかなぁ?

まずは長さについてですかね。

9ft〜9.8ftの長さにしましょう。

長けりゃなんでもいいとか短いから使いやすいというのはあまり良くないですね。

ただ自分自身も釣具屋さんで話をしてみたり、調べたロッドを実際に見て購入したので、

大体のサイズ感としては普段使っているロッドよりも少し長めという感じでしょうか?

”餌釣りや小物釣りをしているロッドとは大違いな竿”です。

次に硬さについてです。

”M”、”MH”などと表記がついてますが同じ名前のロッドでもそれで決まるのです。

言葉で説明しても分からないと思うので断言します。

初心者の方はMLという硬さのロッドにしましょう。

あとはキャストキャパについてです。

要するに何g〜何gと投げられるルアーの重さが決まってます。

大体使用するものは7g〜20gとなると思うので6g〜24gくらいが投げれるものを選びましょう。

まとめますね。

  • ・【価格】10000円くらいのもの
  • ・【長さ】9ft〜9.8ftのもの
  • ・【硬さ】ML
  • ・【キャパ】6g〜24g

おすすめリールについて

結論は『ロッドと同じくらいの値段のもの』が良いです。

おじぃ

そんなこと言われても、高すぎじゃなぁ・・・
流石に初期投資をかけすぎじゃないかのぉ?

そう思われると思ってました。

まずは、リールの種類から説明しますね?

リールは2種類あってベイトリールスピニングリールがあります。

簡単に詳細情報入れておきます。

ベイトリール・・・糸が縦巻きのもので、ルアー着水時に糸が巻かれてるところを指で止めないと悲惨なことになります。また、クラッチと呼ばれているものをカチッと押し込んでから投げること。やらないとロッドが折れるか、ルアーが海の藻屑になります。笑

参考までにリンク入れておきます。

こんな感じのものです。

このリールはよく「バスフィッシング」で使用されています。

ベイトリールのメリット
  • 狭いところにルアーを入れやすい。
  • 手返しが良い。
  • 両軸リールになるので、大物が来たときに強い。
  • スタイリッシュでかっこいい。

デメリット
  • リールの扱いが難しい。
  • ブレーキ設定をしないといけない。
  • 糸の出方も調整が必要。
  • クラッチを押してルアーを投げないといけない。

スピニングリール・・・糸は横巻きのもので、ルアー着水時はほっといてもめちゃくちゃにはならないが風がある時はベイトリールと同じことになりやすい。クラッチではなく、ベールと呼ばれているところを上げてから投げること。

こんな感じのものです。

こちらも参考までにリンク入れておきます。

こちらのリールは「海釣り」でよく使用されています。

スピニングリールのメリット
  • 飛距離が出る。
  • 扱いやすい。
  • 右巻き、左巻きのハンドル変更できる。
  • リール自体の異変に気付きやすい。

デメリット
  • 糸巻き量が分かりづらい。
  • ハンドル変更したときに、部品無くしやすい。
  • バックラッシュしないと思っていたら突然なる。
  • 大物が来ると弱い。

上記のことを踏まえておすすめをまとめます。

  • 【価格】10000円くらい
  • 【種類】スピニングリール

ざっくりですがなんとなくわかってもらえたでしょうか?

先程の質問に答えます。

初めに高額払うことは誰でも抵抗があるものですよね。

自分が出せる範囲で購入を検討すればいいと思うので、

焦らずによく考えてから購入するようにしましょう。

余分なこと言っておきます。

実は最初に買ったロッドは使わなくなっちゃいます。

趣味として釣りが確立した人はですよ?笑

なんか固い話になってきたのでゆるっといきましょう!!!


比較的安めのもの発見したので、おすすめとして貼っておきます!

おすすめの糸について

ロッドとリールを別々で購入すると糸が巻かれていないものを買うことになります。

ということは、糸を別で購入しなくてはなりません。

そもそも君

結局それも別で購入しなくちゃいけないならセットで購入した方がいいじゃないかぁ!
というかセットの方がお得じゃないか!

そうですよね。確かにそう思います。

ただ、初心者の方には分からないかもしれませんがこんなデメリットがあるんですよ。

デメリット
  • 癖がついていてルアーの泳ぎが悪い。
  • すぐに切れてしまう糸なので良くない。
  • テンションかけて巻いてあるわけではない。
  • バックラッシュしたら面倒。

初心者セットを購入したことがないので、メリットについては書けないです。

格安でいいですが、結局PEという糸に変更するので

最初から巻いてあろうが、なかろうが関係ないということです。

おじぃ

さっきからPEとかなんとか言っとるのじゃがいったいその”PE”ってなんのことなのじゃ?
糸の種類はどれだけあるのじゃ?

PEラインとは:PEラインは極細のポリエチレン素材の原糸を複数本、編み込んで1本にして作られるラインです。

PEという名称もポリエチレン(Polyethylene)から取られています。原糸の本数は4の倍数であることがほとんどで、多くは4本か8本を使って製造されます。ナイロンやフロロカーボンよりも新しい素材のラインです。PEラインは主にソルト(海水)ルアーや船釣り、投げ釣りで使われています。また、餌を付けずに針で引っ掛けて釣る掛け釣りにも用いられます。

引用元:デュエルの釣り入門ガイドさんより

少し文章だらけで分からないと思いますので簡単に解説します。

要するに、みなさんのよくみたことある裁縫するときに使用する糸みたいな見た目です。

強度を上げるために素材が変更してあって、4本もしくは8本で編み込んである糸です。

この糸にするメリット、デメリット書いておきます。

PEのメリット
  • 感度が良い
  • 強度が高い
  • 糸グセがつきにくい。
デメリット
  • 強度は高いが擦れに弱い。
  • 波や風の影響を受けやすい。
  • リーダーというものを先につけるが結び目が弱い。
  • コーテイングしてあるのでラインローラー(スピニング)が詰まる。

こんな感じです。

おすすめする糸として紹介しました。

自分もPE以外でやったことがないので分からないことが多いですが、

他の糸でやってる方いたら聞いてみたいくらいです。

最後に・・・


こんなセット購入してもいいかもしれませんね!

先ほど検索して調べていたらすごくいいものがあったのでのせておきました。

いかがだったでしょうか?初心者さんにはだいぶキツイこと言ってるかもしれません。

自分は「おすすめしないよ」というだけですので、初心者セットをご購入してください。

「シーバスのルアーフィッシングやりたい方向け」ですので、

餌釣りやエギングだとか色々釣り方はあります。それはそれです。

色々ごちゃ混ぜにあれもこれも釣りたいということはやめておいた方がいいです。

ゴールは決めないと結局、何買っていいか分からないですからね。

少しでも参考になれたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる