【お知らせ】お問い合わせにつきまして、TwitterのDMが1番対応が早いです。Twitter

【経験談】【初めての転職】転職活動について

こんにちは〜。たくぞーです!

「突然全然違う記事書くじゃ〜ん。」

「釣りの情報くれよ〜。」

なんて思われましたか?笑

釣りについて語ってるのもいいのですが、

たまには自分の考えてること、感じたこと、経験。話したくなっちゃうんですよね〜。

自分としての息抜きというところもあるかもしれません。

まずは、最近行っている転職活動の経験談から行ってみましょう!

目次

転職活動について

みなさんは転職活動といったら何を想像しますか?

やっぱり面接が一番最初に思いつきません?

「面接失敗したらどうしよう。。。」

「自分のこと話すの苦手なんだよなぁ・・・」

こんなこと思いませんか?

相手に失礼のないようにしないといけない。

セミナーとかに参加した方がいいんじゃないか?

色んな疑問が出てきますし、不安になることもよくわかります。

今現状自分も同じ気持ちだったりするから痛いほど伝わってきます。

ただ、マイナスなこと思っていても進歩しないですよね。

やっぱり何事も前向きにいきましょう!

面接でのコツだとか体験談をまとめてみます。

  • ドアノックは3回
  • 面接官にどうぞと言われてから座る。
  • 上手く自分のことを話ししようと思わなくていい
  • 現状やっている仕事を箇条書きで書いてみる。
  • 面接官の質問がわからなかったら遠慮なく聞く。
  • 楽しそう、興味がある、自分もやれそうだ、前向きな話をする。

こんな感じかな?やっぱり緊張はしますよね。

実はこんなこと書いてて、自分もすごくあがり症なんです。笑

場に慣れてこれば、面接官の方々とも仲良く話できるんですけどね。

赤く文字変えたところは自分が一番重要だと思って取り組んでいることですが、

やっぱりカッコよく話したいですよね。

営業やっていた方だとか、サービス業やっていた方には

絶対に勝てないです。経験値が少ないですからね。

製造業として13年勤めてましたけど、

人に向かって話する機会はほとんど経験したことないです。

同じ方も大勢いらっしゃると思います。

そんな方達にアドバイスできればな?と思って書いてみてます。

そんな中でも前向きに話をしたのでとりあえず1社からは内定がもらえました。

どんな会社さんであれ内定もらえるのはすごく嬉しいことですよね!

あわせて読みたい
【転職活動】現状の会社紹介と退職時上司に言うタイミング こんにちは!たくぞーです。 いつも釣りのことばかり書いているのでたまには息抜きの日記みたいなものです。 「あなたの日記なんて見る必要ある?」 「どうでもいいから...

職務経歴書を書くにあたって

これも転職活動するにあたって書かないといけないですよね。

書き方とかは他のサイトで調べて貰えばよくわかるかと思いますが、

自分もエージェントさんから言われたんです。

あなたが何を経験されてどんなことを積み上げてきたのか

箇条書きでいいので書いていってみてください。

確かにその通りですよね。これこそ先ほどいった、

「自分のことを上手く話そうとしなくていい。」

に繋がるものがあります。これはエージェントさんが気づかせてくれました。

上手く話(書く)をしようと思っても結局何やってたのかが

明確化されてこないです。

例えば、製造業で13年勤めてます。

洗浄機のオペレーターやってたり組み付け、圧入できます。

検査だとか出荷の際の確認どうのこうの・・・・・とかなっていくと

分かんなくなってきちゃいますよね。

そこで箇条書きに変えてみては?といわれたので

  • 洗浄機オペレーション
  • 組み付け機、圧入機作業
  • 段取り作業
  • 水澄し
  • 検査、出荷検査、出荷業務
  • 生産管理業務も少し経験あります。

みたいな形にするだけで

「あ〜この人こんな経験詰んでるんだ〜。」

「うちの会社だとこの辺りに配属できそうだなぁ〜。」

そんな話が出てきますよね!(多分)

ただ、自分も完璧にかける訳ではないので、参考サイトここに貼っておきます。

あとは自分がどれだけ自己アピールできるか?になってきちゃいます。

書類見ただけじゃ相手も何も分からないですからね。

自分の目の前に自分の書いた経歴書置いて

面接官として自分を採用するか?というのも考えてみると

より一層いい経歴書ができるのではないかな?と思いますよ!

前向きにいきまっしょ〜う!!!

エージェントさんについて

このことに関しては自分が偉そうに言える立場ではないと思いますが、

あくまで経験談として話させてください。

dodaさん。

Zoom面談で話させてもらいました。

その時聞かれたことはまとめておきます。

  • 現在の職業
  • 結婚してるのかしていないのか?
  • なんで転職しようと思ったのか?
  • どんな経験があるのか?
  • 次の職業は何がいいのか?
  • どこまでの範囲で探しますか?

最初はなんとなくいい感じなのかな〜と思ってましたが、

最近は半々くらいに思い始めてしまってます。

自分も悪いのですが、ゴールを刻んでこられます。

「面接の日はいつがいいですか?何時〜何時ですか?」

「いつ頃なら面接可能ですか?」

もうなんかこの言葉聞きたくなくなってきちゃいました。

でも、エージェントさんだって仕事なんだからゴール決めないと

次につながっていかないですもんね。

dodaさんだけではないと思います。

エージェントの仕事ってすごく大変なんだなって反対に思えたかな。

経験したのはdodaさんだけですが、少なからずどこのエージェントさんも

同じようなことを聞いてくるかと思いますので

この経験を読んで少しは知ってもらいたいと思い書きました。

一番大事な嫁とのお話

先ほどから自分中心の話をしてばっかりだなとは思いますが

やっぱり家庭を守らなければならない立場である以上、

嫁(または旦那さん)とよく話をされた方がいいと思います。

「今日仕事辞めてきたからよろしく!」とか

「もう嫌になったから会社ぶちってきたわ」とか

そんなふざけたことは絶対にやめた方がいいです。

自分の場合だけかもしれませんが、

初めに嫁にこういってみたのです。

「転職しようと考えてるんだけど、大丈夫かな?

今の会社だけじゃなく違う景色も見てみたいんだ。」

意外と普通の答えが返ってきました。

「前向きに次の仕事考えてくれてるならさ、好きにしなよ。」

そんなこと言ってくれる嫁と結婚できてすごく幸せです。

ただ、その背景には色んなことを自分が嫁に対してやってるからなのかな?

「他の家の旦那さんはそんなんじゃない」とよく言われます。

自分がやっていることを一回まとめてみます。

  • 育児を一緒に行う。
  • 家事も分担。
  • お金の話、将来の話をする。
  • 感謝の言葉をちゃんと言う。

これは当たり前のことだと思います。

それを繰り返し無意識のうちに積み上げていたということ。

他にもちょっとした気遣いだとかなんかやってるらしいです。

正直、無意識だったので今のいままで知らなかったんですが、

嫁からしたらすごくありがたいらしいです。

そういった背景があっての転職の話だったので、

協力してくれた聞き分けのいい嫁。

やっぱり感謝以外言葉が出ません。

自分をそうさせてくれたのは嫁であり息子だと今でも思っています。

少し考え方を変えてみるということ。

長くなってしまいましたが、そんな自分の大切な2人についてでした。

まとめ

  • 転職活動について
  • 職務経歴書を書くにあたって
  • エージェントさんについて
  • 一番大事な嫁との話

転職活動は前向きな行動だと思いますので、

マイナスには考えず、行動していくと未来が変わります。

そして、転職活動はリスクなしでできます。

ちょっと大変かもしれませんが次の就職先は目星つけておけると

現状の仕事があまり嫌にならくなると思います。

収入があって転職活動できるって素晴らしい世の中だな〜と思いますよ。

周りの人と同じことしていても未来は変わりません

わからないことあれば相談も乗りますよ^^

気軽にTwitterのDMやお問い合わせからご相談ください。

少し長くなってしまいましたがこの辺で終わらせてもらいますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる