【お知らせ】お問い合わせにつきまして、TwitterのDMが1番対応が早いです。Twitter

アウトプット苦手な人が克服できるやり方【基本】【具体的方法】

アウトプットって実はシンプル!こんなやり方があったんだ!

アウトプットしていくのは大変だと思っていませんか?

実は昔、自分でやっていたんです。それに気づいていないだけ。

小学生の時は”計算ドリル”とか”漢字ドリル”宿題としてやって学校に持っていってました。

そして、学生時代は嫌というくらい宿題とか課題提出に向けて色んなことをノートに書き写していましたよね。

「社会人になった今、みなさんはどんなことしてますか?」

「せっかく読んだ本・・・読みっぱなしになっていませんか?」

「よっしゃー本読み終わった〜!!!」

勉強したあと、ブログ記事読んだあと、この後が大切なんです。

みなさんは読書したり、勉強したあとは何かしてますか?

そんな方達に向けてとっておきの方法教えていきます。

この記事はとある本を読んで学んだことを記事にしてます。

自分自身も「アウトプットしてる」ということになりますね。

自分も最近やり始めてとても良かったので

ぜひ、有効活用してください。それでは、解説していきましょう!

目次

アウトプットする具体的方法。

結論は「書く」「話す」「行動する」です。

要するにみなさんが日常的にやってることをするだけなんです。

勉強したこと、読書して得た情報を自分の言葉に変えて発信するのです。

困った君

そんなこと急に言われても、話し相手いないし具体的に説明してくれないとわからないよ。そもそも何で話したり、書くことをしないといけないんだよめんどくさいじゃないか。

急にそんなこと言われてもピンとこないのは当たり前ですよね。

休憩時間にゲームしてる人上司や周りの人の悪口言ってたりしますよね。

「それができるのに何でみなさんは前向きな話を友達や家族にできないのでしょうか?」

「メモ帳とか、メモアプリに書くことができないのでしょうか?」

それは周りに流されてるんです。圧倒的にそれが多いのです。

自分の中でもそれは働いてる時に感じました。

「アウトプット」と聞くとよくわからないですよね。

簡単にまとめてみましょう。

アウトプットのコツ
  1. まずは、あいさつをする。
  2. 初めは、同僚や家族に向けて「昨日あった出来事」を話してみる。
  3. 慣れてきたら、雑談をしてみる。ちょくちょく話す。
  4. 話するときは「ネガティブ」なことではなく「ポジティブ」なことを話すようにする。
  5. No But話方ではなくYes But話方にする。

No But話方とは:先に「悪かった点」や「悪いニュース」を相手にぶつけた後に「良かった点」、「ポジティブな内容」でフォローするといった話し方。あとでフォローをしても内容を聞いていない。

例:○○くん最近遅刻が多いようだね、せっかく業績がいいのに・・・


こんな言われ方毎日されたら、みなさん精神的に参ってきちゃいますよね。

話し方だけで大分印象も変わってきます。

社会人になるとそんな話の仕方良く聞きます。

Yes But話方とは:「悪かった点」や「悪いニュース」を話さずに「良かった点」、「ポジティブな内容」を話した後に「悪かった点」を話する話方。要するにNo But話方の反対の話し方。他にもYes How話方とかYes and話方がある。

例:○○くん、業績がいいようだね、ご苦労様。しかし、遅刻が目立つから頼むよ。


こんな話し方だと気分も悪くないですし「自分自身も悪かったな」と反省できますよね!

という余談をしてみました。本題に戻りましょう。笑

どうでしたか?みなさんは少しずつでもできますか?

自分は仕事辞めた身ですが、経験としてマイナスに話した時とは打って変わって

生産効率は上がっていきました。数字でものが言いたいのですが、

そこまで分析してなかったのですみません。

体感でしか、話ができないのはよくないですね。

ただ、体感でも前に進めているのならあとは数字にするだけということ。

質問をしてみるのも効果的!

少し目を休めましょう。

結論は、「自分の言葉でここがわからないですよ。」と相手に話をするということ。

それも大事ですが「自問自答」も大切なんです。

まずは相手に質問する方から解説していきます。

自分で理解しているつもりでも、意外と理解できてないものです。

そんな経験自分もあります。

そもそも君

そんなこと突然言われてもなかなかできないよ。質問するとか相手に失礼じゃないか!!!

「質問してくださいね。」とか「質問ありませんか?」と言ってる方は質問して欲しいんです。質問が来るのを待っています。

教えたい立場にいる方というのは、そんな感じなんです。今の自分も、すごく質問が欲しい立場にいます。

メインでは「釣り」について、情報発信していますが、なかなか、質問というのはこないです。

自問自答ってどういうことだと思いますか?

「選択する前に聞くこと。」「何か買う前にもう一度自分に聞くこと。」です。

本当にいるのか?いらないのか?

「これでいいや〜・・・買おうっと。」

「こんなやつでいっか〜買うか〜。」

これでは意思が弱いですよね。

自分はものを買うとき、「これいいで購入します。」

「これいっか〜」という思考は捨てました。

みなさんも少しずつやれるようにコツコツ積み上げていきましょうね!!

苦手意識を吹っ飛ばそう!

結論として、「コツコツ続けること」が大切です。

どうして、そんなことがわかるのかって?何でだと思います?

それは、自分が体験し続けていることだからです。

おじぃ

そんなこと言っても、本当に時間ないじゃないか・・・。忙しくて体がもたなくなってしまう。どうやったら時間ができるのじゃ?

「時間を作る」というのはみなさん苦手ですよね。

忙しい、暇がない、やることが多い・・・

それを言ってる時間は返ってこないです。

「やってることを見直ししましょう。」

「やることを整理しましょう。」

毎日、ブログ書けているのはその時間を自分で作っています

その時間を作ることをコツコツ続けていきましょう。

自分で実績を積み上げるのです。

きっと自信に繋がっていきますよ!

苦手と思うのは簡単ですが、どうしたらその苦手がなくなるかを考えることも大事。

諦めたら試合終了だとか、逃げちゃダメだ。

アニメの世界でも、昔からそう言った言葉使ってますよね。

人は負けそうになった時にどうやって前を向くか?

どうやってそこから這い上がってくるか?

その人の真価が問われてきます。

自分の力だけでなく、色々な方に相談してみるのもいいですよね。

まずは近くの人、次は友達、Twitterでもいいと思います。

悪口とかマイナスなことは出来るだけ避けて話をしていれば

きっとあなたのこと助けてくれる人が現れると思います。

苦手って難しい感じがするけど結構簡単なことですよ!

こちらに参考にした本貼っておきます。

まだ、冒頭くらいなんですが自分が忘れないように記事にしてみました。

とてもいい本で、わかりやすいです。

1ページ完結型の本なのでスキマ時間に読むことができちゃいます。

少しづつ、読んでいくようにすれば、未来は変わります。

まとめ

  1. アウトプットする具体的方法。
  2. 質問をしてみるのも効果的!
  3. 苦手意識を吹っ飛ばそう!

いかがだったでしょうか?少しずれた話したかもしれませんね。

これだけは、言っておきます。

「インプット」は頭の中が変わります。

「アウトプット」は現実世界が変わります。

自分で少し変えてみる、自分でちょっと手を加えてみる。

そんな考え方でいいと思うんです。

全て突然変わったら、ついていけなくなりますからね。

少しでも、参考になったら幸いです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる