【お知らせ】お問い合わせにつきまして、TwitterのDMが1番対応が早いです。Twitter

【転職活動】現状の会社紹介と退職時上司に言うタイミング

こんにちは!たくぞーです。

いつも釣りのことばかり書いているのでたまには息抜きの日記みたいなものです。

「あなたの日記なんて見る必要ある?」

「どうでもいいから、はやく釣りのこと教えてよ。」

なんて言われちゃいそうですが、

”人生は釣りだけじゃない”じゃないですか?

ということで勝手にボヤきみたいなのをつらつら書いていきます。笑

目次

転職を決意した時

一番最初の記事に少し書いたかもしれませんが

改めて書かせてください。笑

これは2021年に入ってからでした。

そろそろこの会社から卒業したいな〜と考えてる時に

親友から動画紹介をされて、見ていました。

動画の中身はこんな感じ↓

  • お金を稼ぐ具体的な方法!
  • 投資信託おすすめファンド!
  • 少額投資をするならこの証券!
  • 転職をするべき3つの理由!
  • サラリーマンの年収残酷な真実!
  • 小金持ちになる具体的方法!

最初は疑いだらけでしたけど、毎日見るようにしていきました。

そこで気づきがあったのです。

『このままでは何も変わらない。』

『人生一度きりなんだからやりたいことをやってみたい。』

まずは、周りの人との行動を少しづつ変えていきました。

  1. 休憩時間はブログのネタになりそうなものを考えてメモする。
  2. ゲームだの仕事の話は出来るだけやめる。
  3. 朝会社に着いたら30分読書。

最初はすごくきつかったです。

ゲームの話をしている後輩をあしらうこと。

仕事の話しにくる人を適当にやり過ごすこと。

会社に着いたのなら部品補充しておきたいが後回しにしたこと。

でも、これをやっていかないと何も変わりません

転職に踏み切ろう。

上記のことをしながら、転職サイトに登録していきました。

まずは大切な嫁に話をしてからでしたけどね。笑

転職といっても何すればいいのか?

どんな職種にしていけばいいのか?

そんなことも考えてはいましたが、

とりあえず”手先を動かしてモノが作りたい”

こんな思いが一番強かったです。

なので製造業を中心とした職種探しをしました。

ハローワーク行ってみたり、色んな転職サイトみてみたり、

キャリアアドバイザーと話してみたり・・・。

そこで面接に1社たどり着くことができました。

現状の仕事

そんなことをしながら自分の仕事はリーダーから係長代理の仕事を任されるようになりました。

正直いってウザい、転職の邪魔をされてるようでした。

ブラック企業と言われるような会社で、結局仕事をできる人に

仕事ばかりさせて上司はシカト・・・

挙げ句の果てに係長代理やってくれ、人は補充するから・・・

購入するものもFAXお願いします。の一言。

新しい製品も立ち上がっていたので部品の手配から

特急品の処理、製品の手配をしても営業は無視

自分で違う工場に何度取りに行ったことか。

遅らせたらいけない、でも部品は来ない、メッキ品の数量も足りない。

営業に電話する、無視される。

毎日こんなことの繰り返し、この工程が間に合ってるな〜と思っていると

いつの間にか他工程のものが遅延。

別の工場でも同じことの繰り返し、生産ってなんでしょうか?

お客さんが”この日にこれだけ欲しい”というものを提示してくれてるのに

会社は何をしているのでしょうか?一人でそんなことを考えてました。

みなさんはどうでしょうか?嫌になりますよね。

仕事って何?会社って何?納期って何?カンバン?トヨタ生産方式?

そんなことはもうなんでもいいんですが、給料をもらってる以上

製品を遅延させることは許せないんですよね。

平気でそんなことしてばかりの会社。やめて正解です。

そんな会社に埋もれていきたくないです。

上司にいうタイミング

正直、これが一番わからなかったですが

「リーダー」ということもあり、2ヶ月前には退職願を書きました。

退職願・・・会社に退職しますよということを表明する書類
退職届・・・退職が会社側に認定された後に出す書類

しかし、タイミングが掴めなかったのです。

上司に渡すタイミング。

キャリアアドバイザーの方に聞いたところによると

「転職先が決まってからで良い。」

「おっ・・・おん。」

向こうは向こうでリスクを最小限にしたいという思いからでしょうが

こちらとしては、係長代理という業務を任されたわけですから

もう相談してもしょうがないと思い、6月に入ってから係長に渡しました。

自己責任であると思いますが、いいかげんにしておかないと

仕事の引き継ぎやいろんな仕事を教えたり、こうやったらいいよ。

あるわけです。リーダーやっていたので・・・

もう一人のリーダーに引き継ぎをしていきました。

突然、「精神的な病気で1ヶ月休みます。」

なんでもいいけど会社に属しているのであれば

「リーダーだろうがなんだろうが教えた仕事くらいやれよ。」

今までその方はリーダーという仕事をほとんどしたことがありませんでした。

上司から少しきつく言われると、PCの前で泣きじゃくってました。

今となってはいい思い出?というか「どこの会社行っても務まらんじゃん。」

という感想ですけどね。笑

愚痴みたいになってしまいましたね・・・すみません。

「他の会社でも上記のようなことはあるのでしょうか?」

すごく不思議なことが多すぎてよくわかりません。

今まで勤めていた会社についてまとめてみます。

  1. 生産数が不安定。(日当たり数がわからない)
  2. 後日生産数もわからない。
  3. 遅延なんて当たり前。
  4. 部品欠品も当たり前。
  5. 営業に電話が繋がらない、無視される。
  6. 現場の力が無さすぎる。
  7. 他人事の人が多い。
  8. 上司は現場の人に何も注意しない。
  9. 社長、専務も上の空。

こんな感じですかね。そんな会社で誰が責任負いたい人がいるのでしょうか?

自分が辞めるといった段階で社長がこれはまずいと思ったらしいです。

部長という存在と自分の決意。

部長と話もしましたが、

「他の工場行かないか?」

「違う部署に行ってみないか?」

悪い人ではありません。必死になって引き止めてくれました。

社長と専務と話しましたが、

「たくぞーくんはこの会社で仕事することを挫折したんだね?」

「その会社でできて、うちの会社ではできないんだね。」

と言われた時は殴ってやろうかと思いました。

流石に手を出したらいけないですからね。

最終日の出来事。

最後の日にも日曜日なのにわざわざ仕事でもないのにきてくれて、

「たくぞー君、これやっといてもらってもいいかな?」

「ご苦労さんね。ちょっと俺もやっといたからよろしく!」

と2時間くらい色んな話聞かせてくれました。

すごく寂しそうな目をしてました。

最後に自分と会いたかったんでしょう。

色んなことを教えてくれました。人の動かし方

機械の触り方こんなことをしたらこうなるよ

改善の仕方棚の作り方などなど。

発表資料ですら全て作ってくれました。

「読んでみておかしいところないか?」

手直しも全て部長がしてくれました。

出張で出かける時、いつも来てくれました。

すごい人です。遅れがあっても絶対に自分の前に立っていました。

あの人なしじゃ今の自分は存在しません。

今から色んなことを吸収できる中で

あの人と離れるのは寂しいですが

「体には気をつけてな。またどこかで会ったらよろしく。」

会社で泣きそうでした。帰って行く時、すごく寂しそうな背中をしてました。

部長は体がボロボロです。病院を4つ掛け持ちしています。

でも、そんな話は絶対にしませんでした。

耳が聞こえにくいことは言ってましたが他は口が裂けても言いませんでした。

こんないい人がいるのに会社は馬鹿にしてるんでしょうか?

なんとかしようと体がボロボロになりながら頑張ってる人がいる。

そんなことを聞いたりみたりして、悟ってしまいました。

「俺はこんなふうになるのか?」

「自分の人生なんだから自分で決めたい。」

「そんな会社のために棒に振りたくない。

勝手にやっててください。

”俺は絶対にそんなふうにはならない。”

あまり書く事はしませんが、社長自身が変わらないと何も変わらないでしょうね。

そういう方にとやかく言いたくはありません。

ということで今の会社からは卒業させていただきます

最後に・・・

いかがだったでしょうか?とは言っても日記というか暴露してるだけでしたね。

あとは思い出話かな?笑

こういった中小企業はまだまだたくさんあると聞きますけど

他の会社さんに行ったことがないのでわからないです。

ただ、人のことをなんだと思ってるのか?という疑問がありますよね。

一回会社を小規模にしてみたらいいんじゃないかと思ったりしますが、

社長自身の考えになってくると思うのでなんとも言えません。

現状そうしたのは社長自身なのですから。

技術も信頼も減っていってしまっている会社。

どうやってそれに歯止めをかけて行くのか?

まぁなんでもいっか!!!

この辺りにしておきましょう。だんだん怒りが込み上げてきてしまいますからね。

読んでくれた方ありがとうございました。

自分の暴露話聞いて

「俺もそうだったなぁ〜。」

「確かに会社に入ればそんなんだよね〜。」

なんて思っていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる