【お知らせ】お問い合わせにつきまして、TwitterのDMが1番対応が早いです。Twitter

【中級者】におすすめのシーバスロッド5選。【シマノ編】

こんにちは!たくぞーです。久しぶりに挨拶入れてみました。笑

おじぃ

DAIWAだけじゃなくてシマノもやらんと何があるのかよくわからんから説明と比較してくれんかのぉ・・・

そもそも君

いやいや、そもそもどっちのメーカーが有能なのかも書いてないじゃないか!はっきりいってくれないと高価な買い物なんてできっこないよ!

まぁまぁ、そう焦らずに〜。結論は下に書いておきますので参考にしてください。

前回は「DAIWAのおすすめロッド5選」について記事を書いてみましたが、読んでくれましたか?

ここにもリンク貼っておきますので良かったら読んでくださいね!

こちらの方にシマノとDAIWAどちらがいいのかも、少し解説入れておきますので参考にしてください。

シマノは「シンプル」「シック」なデザインです。

DAIWAは「黒、金」「派手」なデザインです。

どちらがいい?と言われても正直お答えできません。

自分の感性になると思いますので、いっぱい悩んで購入してください。

ここでは「シマノ」のロッド、5本を紹介していきたいと思います。

目次

シマノおすすめロッド5選

結論としては「20,000円くらいのロッドを購入する」ですね。

困った君

なんでそのくらいの価格なんだよ〜・・・。おすすめなんだから見てからにしてくれよ〜。

確かにそうですよね。自分も若い時は人の言うこと聞きませんでしたし、自分がいい!と思ったもの買いたいですもんね。

楽しく釣りができる「最高の道具」を手に入れましょう!

ここで、選ぶときのポイントを書き出してみますね!

  • 最初に買ったロッドよりも「硬いもの」を選ぶ。
  • 愛着がわく「名前」のものを選ぶ。
  • 長さが釣り場に「合うもの」を選ぶ。
  • 基本的なレングス(長さ)は9.3ft(2m83cm)〜9.6ft(2m92cm)です。
  • 「DAIWAのロッド」も解説読んでね!

これを頭に入れて、おすすめをみてくれるとわかりやすいと思います。

では、いってみましょう!

ソルティーアドバンスS96M

アマゾンで購入する場合の価格:約12,000円

全長(m): 2.90/仕舞寸法(cm): 149.5

継数(本): 2

主な対象魚種:シーバス ヒラメ マゴチ タチウオ マダイ ワラサ イナダ

自重(g): 225

先径(mm): 2.2

適合ジグウェイト(g): MAX60/ 適合プラグウェイト(g): MAX40

適合ラインPE(号): MAX2

リールシート位置(mm): 435 ※アップロック

カーボン含有率(%): 93.0

AmazonのHPより

シマノで価格帯が少し低めのロッドになります。

1番最初に買ったロッドとほぼかわらないくらいになると思いますが、ロッドパワーが「M」となります。

DAIWAのロッドと同じように「バイブレーション」や「10cm以上のミノー」などが投げられます。

補足になりますが、ウェイトがMAX40gと表記がある場合は30gくらいまでのルアーを選ぶようにしましょう。

折れたらなんとも言えないですからね。

詳しく知りたい方はこちらにリンク貼っておきますね!

ムーンショットS96M

アマゾンで購入する場合の価格:約16,000円

全長(m):2.90 / 継数(本):2 / 仕舞寸法(cm):148.7

自重(g):156 / 先径(mm):1.8

ジグウェイト(g):MAX 50 / プラグウェイト(g):8~42

適合ライン PE(号):0.8~2

カーボン含有率(%):98.7 / リールシート位置(mm):407 ※アップロック

AmazonのHPより

このロッドは少し高くなります。ロッド自体にカーボンが多めに使われているので高いといった感じです。

要するにロッド自体が強くなっているということで、折れないというわけではありません

また、先程のものよりもしっかりしているロッドですが、表記されているものが明確になってきてるのがよくわかります。

シーバスをメインターゲットとした時に使用しているもの(ラインやルアー)がより明確に記されてきているということになりますね。

ということは、「シーバス」に特化してきているロッドとなります。

詳しく知りたい方はこちらにリンク貼っておきますね!

ディアルーナS96M

アマゾンで購入する場合の価格:約20,000円

全長(m):2.90

継数(本):2

仕舞寸法(cm):148.6

自重(g):141

先径(mm):1.8

適合ルアーウェイト(g):8-45

適合ライン PE(号):0.8-2

リールシート位置(mm):407

カーボン含有率(%):99.8

AmazonのHPより

このくらいのモデルになってくると、カーボンが先ほどのものよりも多く使用されていて、名前も聞いたことがあるようになってきますね。

お店に行って店員さんに聞いてみると、大体『ディアルーナ』をすすめられます。

最初は自分も「ベイトキャスティングモデル」を使用してましたが

しっかりしていて使いやすいロッドだと思いました。「ベイトモデル」だとちょっと違いますけどね。笑

ここまでのモデルになると、「シーバスロッド」としての機能が備わってくるかと思います。

あとは自分自身の予算と相談して、『これがいい』と思ったものを購入しましょう。

詳しく知りたい方はこちらにリンク貼っておきますね!

ボーダレス285H2(振り出しキャスティングモデル)

アマゾンで購入する場合の価格:約32,000円  ※このロッドからはおすすめではありません。

全長(m):2.85

継数(本):3 / 仕舞寸法(cm):111

自重(g):190

先径/元径(mm):1.7/14.0(13.0) ※元径の()内の数字は、後端から180mmの外径を表示しています。

ジグウェイト(g):MAX45

プラグウェイト(g):MAX32

適合ライン PE(号):MAX1.5

錘負荷(号):4~12

カーボン含有率(%):99.0

AmazonのHPより

このロッドはかなり上級者用かもしれないです・・・

YouTubeでも「秦 拓馬」がよくガイドレス延べ竿使用して「アカエイ」とか大物釣ってますよね。

あとはコアマンの「泉 裕文」さんもボーダレスシリーズ使用してますね。

この方は「アルカリ」や「アルカリシャッド」というワームを使用しています。

テトラに直接乗るのではなく遠くからシーバスに見えないように釣りをする。

そんな感じのこだわった方が使用しているロッドになります。

これを購入して何がしかいかって?ワーム中心としたゲーム展開を想像してました。

勝手に話したいことを話してるだけになっちゃいましたね。笑

詳しく知りたい方はこちらにリンク貼っておきますね!

ルナミスS96M

アマゾンで購入する場合の価格:約43,000円 ※このロッドもおすすめではありません。

全長(m):2.90

継数(本):2

仕舞寸法(cm):148.6

自重(g):136

先径(mm):1.7

AmazonのHPより

このロッドになるとシマノの技術が盛り沢山になってきます。

「こんないいものまだいらねぇよ!」といった言葉が聞こえてきそうですよね・・・

確かにそうです。「投げる方向」「投げ方」が定まってない人がいいロッド使ってもどうしようもないからです。

とにかく釣り場へ行って何度も投げましょう。ロッドやリールを購入しただけじゃわからないことがたくさんわかるようになります。

ぜひ、釣り場へ足を運んでくださいね!

詳しく知りたい方はこちらにリンク貼っておきます。

おすすめのロッド比較

良いロッド見つけよう!
名前長さロッドパワー重さ価格
ソルティーアドバンス290cmM225g12,000円
ムーンショット290cmM156g16,000円
ディアルーナ290cmM141g20,000円
ボーダレス285cmMH190g32,000円
ルナミス290cmM136g43,000円
現状持っているロッド290cmMLものによる
(230g前後)
なし
おすすめ5本の比較

こうやってまとめてみてみると、よくわかりますよね。

ロッドの重さが軽くなってくるにつれて、価格が上がります。ということは「疲れにくい」ロッドとなっていることがわかります。

おすすめは3番目のディアルーナまでですが、一応比較として2本追加で紹介しました。

冒頭でも書きましたが、現状使用しているロッドよりも「1つ硬めのもの」にするのがいいですね!

ここで注意点をあげておきます。

  • 今まで快適に投げれていたルアーが使いにくくなります。
  • 取り回し方が全く違ってきます。(長さにもよります)
  • 良いロッドだけが全てではありません。

もちろんメリットもありますが、あえてここは書かないです。

本当にこの紹介したものが必要かどうか?ということが、1番大切だからです。

無駄な出費とならないのか?なんでここまでいうと思いますか?

それは道具だけいいものを揃えても仕方ないですし、自分の失敗を活かして欲しいからです。

購入した時の失敗談

これだけ長い間(8年間)「釣り」をしていますが、失敗だらけなんです。よかったら続き読んでください。

もともと自分が使用していたのは、「モアザンエキスパート」と「17セルテート 2500番」を使用していました。

購入時はロッドの使い分けをしようと「エクスセンスジェノス」と「19ステラ 4000番」を購入しました。

欲しいと言い聞かせて購入したのですが、よくよく考えたら「自分は1つのタックルしか使用できないです。」

それなのに購入しました。大出費ですよね・・・これを買うのではなくて、色々なルアーやワーム、ジグヘッドなど買っていればもっと技術的なところが学べたのかなと思いました。

そして、前のロッドは折ってしまいました・・・。自分のホーム釣り場は後ろにガードレールがあります。

その時は根がかりした直後でした。なんで取れないんだろう?と思いながらロッドをしゃくっていました。

次の瞬間・・・リールのベールが上がって今までテンションがかかっていたものが急になくなりガードレールにロッドが直撃しました。

何も言えなかったです・・・その時に気づきました。タックルは1本で良いということ。「プロ」でもないのに調子に乗っていたんじゃないか?とね。

「1つのものが大切にできないのなら、2本も大切にはできない。」

マイナスな話はこのくらいにしておいて、そんな経験があったからこそ気づいたことかもしれません。

ここだけでは言いますが、11万もの出費をして7万円のロッドをゴミにしました。

ここまで読まれた方は笑ってください。そうすればここに書いた意味があります。笑

実は今使っているロッドは「シマノ」

前回の記事でも少し触れましたが、自分が使用しているのは「エクスセンスジェノスのS97MH/F DarkForce97」というやつです。

もともと使用していた「モアザン エキスパート AGS93 MLM」先ほども書きましたが折りました。笑

このロッドと使い分けしていたロッドがエクスセンスなのです。

もう購入なんて到底できません・・・嫁に叱られます。笑

ハイエンドモデルとなりますが、「これを買って一緒に釣りしようぜ!」というおすすめは一切しません

人によりますしこんなネットに書いてある情報だけでは自分自身が買いたくないからです。

こういうものは置いてあるお店に行って実際に触って少し振ってみたり色々やってから購入して欲しいです。

どんなものか知りたい人のためにここにリンクは貼っておきます。

軽く解説だけ入れておきます。

「Xガイド」というガイドを採用しているエクスセンスシリーズ。風があっても投げにくさが軽減されてて投げやすいです。

大きな魚とファイトする時もすぐに寄せることができるくらいバットパワーもあります。

「ブランクス」(ロッド自体)もすごい技術が搭載されているので魚とのファイトがしやすいです。

そんなにパワーがあるのに軽いルアーが投げられる。先調子(ファーストテーパー)のロッドです。

小さなゴミもルアーにかかったらすぐ分かります。「カーボンモノコック」がバットエンドに搭載されています。

シマノの技術がふんだんに搭載されているのでもう、何もいうことはないです。宝物です。

先ほども書きましたが、ルアーやワームをたくさん購入した方が技術的な面で他の方よりも有利になりますので

たくさんルアー買って、たくさん投げましょう!!!

まとめ

  1. シマノおすすめロッド5選
    1. ソルティーアドバンスS96M
    2. ムーンショットS96M
    3. ディアルーナS96M
    4. ボーダレス285H2(振り出しキャスティングモデル)
    5. ルナミスS96M
  2. ランキングのロッド比較
    1. 購入した時の失敗談
  3. 実は今使っているロッドは「シマノ」

結構長めな記事でしたが、いかかでしたか?

再三いいますけど、本当に紹介したロッドがいるのか?もう一度良く考えてから購入しましょう。

2本あってもリールは1個しかないですからね。

また、購入検討することはすごく楽しいことですし、悩んで悩んで買ったものは愛着がわきます。

その体験もしてほしいという思いもあります。

結局最終決定は自分自身の判断になりますので、よろしくお願いしますね!

では、ここまでで終わりたいと思います。

少しでも参考になれたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる